精力剤の成分チェック

精力剤は、健康食品の一種ですから即効性は、あまり期待できません。また、その成分の効き目が人によってマチマチで、効果があるという方もいれば無いとおっしゃる方もいます。効果の有無の判定は、1ヶ月以上経過した後に自分に合った、合わないというように判定すると良いでしょう。

また、海外製の精力剤で日本では許可れていない成分を使用し、これにより事故が報告されているものもあるようです。当サイトでは、日本製の安全な精力剤をオススメしています。

それでは、精力剤の代表的な成分を見てゆきましょう。

<マカ>

精力剤の成分として有名なマカ。マカは、南米ペルーの高所で栽培されているアブラナ科の植物です。マカに含まれるアルカロイドは、交感神経を静めて副交感神経の働きを正常化します、ステロールは、精子の量を増やす働きがあります、デキストリンは陰茎の血流を改善するようです。

【独自の配合でマカの効果を6倍に引き上げた精力剤】

<トンカットアリ>

トンカットアリは、東南アジアで栽培されているニガキ科の植物です。グリコサポニンが代謝を活発化し、ユーリペプチドが男性ホルモンのテストステロンを生成を助け、ポリサッカライドが免疫力向上に効果があるとされています。何と言っても男性ホルモンのテストステロンを増やす効果が期待できるのはいいですね。

【トンカットアリ系精力剤でNo.1】

<アルギニン・シトルリン・亜鉛>

アルギニンは、成長ホルモンの分泌を促すことで知られています。筋肉や骨を強化してくれます。つまり、こちらも男性ホルモンの分泌に効果的ということです。シトルリンは、スイカをはじめとするウリ科の植物に多く含まれ、血管拡張作用があります。アルギニンとシトルリンを同時に摂取することで精力的な効果が高まるようです。亜鉛は、セックスミネラルと言われ、様々な酵素の材料となり精子の生成を助けます。殆の精力剤に含まれています。

【アルギニン・シトルリンを中心にした精力剤】

コメントを残す