増大サプリって効果あるの?

男の痛いところ突いてきますね。

増大 』 いい響きです。

増大サプリで有名処としては、『ビッグサイザー』『イプシトリン』『BLAZAR-αプラス』など沢山ありますね。

成分を見ると、通常の精力剤をやや強力にしている印象があります。これはこれで勃起力アップに効果が期待できるだろうなと思います。

しかし、『増大』という視点で考えると、サプリメントだけで増大を期待するには少し無理があるかなぁって思います。

確かに成分的には申し分がないほど充実しています。その成分が、胃腸で吸収され、陰茎に集中的に働くと思えないんです。胃腸から吸収された成分が血液に入り体のあらゆる部分に運ばれます。その一部が陰茎増大に繋がる訳です。結構な長旅に思えます。

一方で私が注目したのは、ボディビルダーです。彼らはより多くの美しい筋肉を作る為に、筋トレと様々なサプリメントを組み合わせ、好みの筋肉を作ります。

陰茎も筋肉の一部ですから、筋トレ(チントレ)とサプリメントで増大することが出来るんじゃなかろうかと考えた訳です。

<プロテイン>

タンパク質ですね、1日あたり体重kg×2gが基準のようです。あくまでボディビルダーの場合ですので、増大目的ならもう少し少なめで良いです。タンパク質は、肉や魚から結構摂取できますので、焼き肉食べたときなんかはプロテインを飲む必要は無いでしょう。飲むタイミングは、チントレの直後が良いでしょう。

オススメのプロテインは、『ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g』です。ココア味で飲みやすく定番ですね。

<BCAA>

チントレ時のエネルギー源です。コイツが無くなると筋肉を分解してエネルギーに変わってしまいます。増大どころか逆に小さくなってしまう可能性があるのです。チントレの15分前に5gほど摂取します。

オススメは、『バルクスポーツ BCAAパウダー 200g グレープ』です。

<EAA>

EAAは、9種類の必須アミノ酸の総称です。アミノ酸のバランスが大切なようです。基本的にはチントレ前と後に10gずつ摂取が基準です。筋肉の合成を促す働きがあります。

<HMB>

HMBは必須アミノ酸のひとつで、筋肉の合成促進と分解の抑制と2つの機能があります。BCAAやEAAと別経路で効果を発揮するものです。1日3回で1回1gが基準です。

 

いかがでしょうか?各サプリメントを摂取する基準はボディビルの場合ですから、その半分程度でも効果を期待できると思います。ついでに腕立て伏せやスクワットで筋トレも一緒にやれば、男性ホルモンの分泌量も増えて、さらに効果が上がります。

さて、肝心のチントレ方法ですが、勃起しないことには始まりませんから、既に勃起力に自身が無いという方は、最初の方にお知らせした増大サプリをオススメします。

ビッグサイザー』『イプシトリン』『BLAZAR-αプラス』が良いでしょう。

<チントレ方法>

① 引っ張る。

陰茎は、体の中に埋もれています。勃起すれば埋もれていた部分が出てくるのですが、それをさらに引っ張って表に引っ張り出します。一気に引っ張らず、ジワリジワリ、上下左右に揺すったりして引っ張ります。

② ストローク

陰茎を根本から亀頭にかけてゆっくりストロークします。陰茎の血液が亀頭に流れ込みパンパンになると思います。これを1日100回程度繰り返します。

どうですか簡単でしょう。ボディビルで実績のあるサプリメントとチントレを組み合わせて『増大』を図りましょう。但し、増大を実感できるのは最低でも1ヶ月以上、大体3ヶ月が目安です。毎日、諦めずにコツコツ実行することで、素晴らしい理想のペニスを手に入れることが出来るでしょう。

精力剤の効果を実感出来ない時

どの精力剤でも飲めば効くってことじゃないんです。

精力剤の成分は実に様々、ご自分の体質との相性もあるかと思います。育毛剤なんか10人使って1人に効果があれば成功みたいなことを行きつけの床屋さんに聞いたことがあります。そこまでじゃないとしても相性があるのは事実だと思います。

精力剤は、健康食品の一種であり、個人差もありますが効果を実感するまでに1ヶ月前後かかります。1週間程度で安易に効果なしと判定するとせっかく購入した精力剤が無駄になりますので注意してください。

本当に効果が無いと判定された場合、精力剤のメーカーや成分をチェックしてください。そして、次回は、別な成分の精力剤を購入しご自分に合う精力剤を見つけてください。

精力剤が効かない理由として考えられることは、精力剤の成分をあなたの体が吸収出来ていない可能性と、せっかく吸収した成分が活用されていない可能性があります。

余談ですが、先日、1週間ほど風邪を引いた時には、性欲が無いのは、もちろんですが、チンチンが小学生並みに小さくなってしまい我ながら元に戻るか心配しました。そんな体調不良でも精力剤は効きにくい状況になるかと思います。但し、普段から精力剤を服用し体調がよく免疫力も保っていると風邪も引きくくなるようです。

<精力剤の効果を弱めるもの>

酒は百薬の長と言われますが、体内でアルコールが分解されるときに大量のビタミンB1が消費されます。ビタミンB1が不足すると皮膚や粘膜、神経系に影響が出やすくなります。ビタミンB1は、疲労回復、精神安定の効果があります。

たばこ

たばこは血管を細くする働きがあります。精力剤で毛細血管まで広げて血液の量を増やそうとしているのに、それと逆の働きをしていることになります。1日でも現役期間を伸ばすためにこれを機会に禁煙しましょう。

食品添加物

インスタント食品やレトルト食品で使用されている食品添加物をできるだけ食べないようにしたいものです。基本的には食品添加物は安全性が確認されているもので使用方法にも制限があるものですが、食品添加物の中には、精力剤に欠かせない亜鉛の吸収を妨げたり、亜鉛を排出するものもあります。とても見えにくいことですが『古米』を新米のように美味しくさせる魔法のような食品添加物があります。レストランやコンビニなどで使われているようで、表示ラベルには記載されていません。

<精力剤の効果を高めるもの>

運動

体が栄養を欲する状態にするということです。軽いウォーキングやランニングは体調を整えることが出来ますし余計なカロリーを消費してメタボから解放してくれます。一番効果的なのは『筋トレ』です。ボディビルダーがプロテインを飲んでいることは有名ですが、最近ではアルギニンやシトルリンも飲んでいて、精力剤と非常によく似ています。精力の源は、男性ホルモンで、男性ホルモンは筋肉をつくったりしていますから『精力』=『筋肉』とも言えるのです。


精力剤の成分チェック

精力剤は、健康食品の一種ですから即効性は、あまり期待できません。また、その成分の効き目が人によってマチマチで、効果があるという方もいれば無いとおっしゃる方もいます。効果の有無の判定は、1ヶ月以上経過した後に自分に合った、合わないというように判定すると良いでしょう。

また、海外製の精力剤で日本では許可れていない成分を使用し、これにより事故が報告されているものもあるようです。当サイトでは、日本製の安全な精力剤をオススメしています。

それでは、精力剤の代表的な成分を見てゆきましょう。

<マカ>

精力剤の成分として有名なマカ。マカは、南米ペルーの高所で栽培されているアブラナ科の植物です。マカに含まれるアルカロイドは、交感神経を静めて副交感神経の働きを正常化します、ステロールは、精子の量を増やす働きがあります、デキストリンは陰茎の血流を改善するようです。

【独自の配合でマカの効果を6倍に引き上げた精力剤】

<トンカットアリ>

トンカットアリは、東南アジアで栽培されているニガキ科の植物です。グリコサポニンが代謝を活発化し、ユーリペプチドが男性ホルモンのテストステロンを生成を助け、ポリサッカライドが免疫力向上に効果があるとされています。何と言っても男性ホルモンのテストステロンを増やす効果が期待できるのはいいですね。

【トンカットアリ系精力剤でNo.1】

<アルギニン・シトルリン・亜鉛>

アルギニンは、成長ホルモンの分泌を促すことで知られています。筋肉や骨を強化してくれます。つまり、こちらも男性ホルモンの分泌に効果的ということです。シトルリンは、スイカをはじめとするウリ科の植物に多く含まれ、血管拡張作用があります。アルギニンとシトルリンを同時に摂取することで精力的な効果が高まるようです。亜鉛は、セックスミネラルと言われ、様々な酵素の材料となり精子の生成を助けます。殆の精力剤に含まれています。

【アルギニン・シトルリンを中心にした精力剤】